トップページ ラジオ 歌謡ラジオ「午前0時の歌謡祭」 第16回放送 特集:音楽プロデューサー・平賀和人に訊く(後編)

第16回放送 特集:音楽プロデューサー・平賀和人に訊く(後編)

第16回放送 特集:音楽プロデューサー・平賀和人に訊く(後編)

<2017.04.23 OA>

オーガナイザー:濱口英樹(歌謡曲愛好家) 

第16回  特集:音楽プロデューサー・平賀和人に訊く(後編)

前週に続いて、平賀和人さん(N.S.P/スリーハンサムズ)をゲストにお迎えし、N.S.Pの楽曲や自作曲、盟友・天野 滋さん(2005年に52歳で他界)が他のアーティストに提供した作品、さらにご自身がディレクターとして手がけたヒット曲に関するエピソードなどを伺いました。
その平賀さんは5月に全国4ヶ所で開催されるライブイベント『僕らのポプコンエイジ~Forever Friends, Forever Cocky Pop~』(http://popconage.com/)にベーシストとして全ての回に参加。そのうち、府中の森芸術劇場(5月7日)と市川市文化会館(5月20日)ではスリーハンサムズとして出演し、N.S.Pの楽曲も披露する予定です。また、スリーハンサムズのコンサートも全国各地で開催していますので、公演スケジュールは、メンバーの細坪基佳さんのHP(http://www.hosotsubo.com/)でご確認ください。


01_八十八夜01.「八十八夜」N.S.P(1978)
作詞・作曲:天野 滋 編曲:福井 峻
好きな人と結ばれないまま嫁いでゆく女心を、移ろいゆく季節に重ねた13thシングル。八十八夜(2017年は5月2日)を控えたこの時期にぴったりのナンバーです。平賀さんによると、当時の担当ディレクターが天野氏の自信作にダメ出しをして、スリーコードの曲に書き直させたとのこと。N.S.Pとしては初めて女性目線で綴られた作品で、オリコン37位のロングセラーを記録しました。78年5月にリリースされた10thアルバム『八月の空へ翔べ』にも収録されています。

02_八月の空へ飛べBGM.「八月の空へ飛べ」N.S.P(1978)
作詞:天野 滋 作曲:平賀和人 編曲:瀬尾一三
オリコンのLPチャートで最高10位のヒットを記録した同名アルバムの表題曲。平賀さんは、「アルバムで1曲くらいは天野くんとは違うテイストの曲を作ろうとしていた」と語っていますが、本作はメジャー調の爽やかなナンバーで、マイナー調を得意とする天野氏との差別化に成功しています。のちにディレクターとしても活躍される平賀さんは、この頃から制作への興味を持ちだしたということでした。

03_SUMMER TIME '8502.「SUMMER TIME ‘85」N.S.P(1985)
作詞:天野 滋 作曲:平賀和人 編曲:N.S.P
こちらも平賀さんが作曲したサマーチューンで、20thアルバム『水と太陽』に収録されています。もともとメンバーの中村貴之氏のソロコンサート用に作られた曲でしたが、天野氏が新たな詞を書き下ろし、本作が誕生しました。作詞が天野、作曲が平賀、ボーカルが中村という組み合わせはこの曲だけということです。

04_歌は世につれ03.「歌は世につれ」N.S.P(1978)
作詞・作曲:天野 滋 編曲:福井 峻
平賀さんがセレクトしたN.S.P作品は、10thアルバム『八月の空へ翔べ』に収録された珠玉の名曲。もともと76年にリリースされた天野氏のソロアルバム『あまのしげる』に収録されていたナンバーで、ポプコン出身の西郡葉子もカバーしています。ライブでは3番の歌詞で天野氏が必ず感極まってしまうことで知られていますが、今回は2002年に開催された『復活コンサート』のライブ音源をお聴きいただきました。

05_夕暮れ気分BGM.「夕暮れ気分」堀ちえみ(1983)
作詞:諸星冬子 作曲:天野 滋 編曲:清水信之
82年組の1人として活躍していた堀ちえみの8thシングル。彼女の担当ディレクターだったキャニオンの渡辺有三(2014年没)はN.S.Pも担当しており、その縁もあって作品提供が実現したといいます。堀にはアルバム曲を含めて7作を提供していますが、シングルA面に起用された本作はオリコン8位のヒットを記録しました。

06_ひとりじめ04.「ひとりじめ」石川ひとみ(1982)
作詞・作曲:天野 滋 編曲:大谷和夫
「まちぶせ」「三枚の写真」とカバー曲が続いていた石川ひとみが1年ぶりに発表したオリジナル曲。13枚目のシングルでオリコン37位のスマッシュヒットとなりました。彼女の担当ディレクターだった長岡和弘(甲斐バンドの元ベーシスト)は天野氏のソングライティング力を高く評価しており、次のシングル「君は輝いて天使に見えた」も天野氏が提供しています。

C5L_oU6VYAA5I8z.jpg large05.「世界中の微笑み集めてもかなわない」Melody(1995)
作詞:天野 滋 作曲:日置 達 編曲:鈴木雅也
“アイドル冬の時代”と言われた90年代中盤に活躍した3人組アイドルの4thシングル。ライオンBan16のCMにも起用されました。87年にN.S.Pを脱退し、キャニオンのディレクターに転じた平賀さんは「いつかは天野くんが作品を提供してくれるようなアーティストを担当したい」と考えていたそうですが、その第1号がMelodyでした。天野氏は5篇の詞を彼女たちに提供しています。

08_夏色の「永遠」BGM.「夏色の『永遠』」瀬戸朝香(1995)
作詞・作曲:西脇 唯 編曲:新川 博
現在は女優として活躍する瀬戸朝香のデビューシングル。本人主演の連続ドラマ『終わらない夏』(日本テレビ系)のエンディングテーマに起用され、オリコン15位のヒットを記録しました。平賀さんは彼女がリリースしたシングル4作、アルバム2作のすべてをディレクションしています。
tq_lucha2016-img450x600-1487070223vvuc6j3091806.「あいにきてI・NEED・YOU!」GO-BANG’S(1989)
作詞・作曲:森若香織 編曲:白井良明、GO-BANG’S
北海道出身のガールズバンドの出世作となった4thシングル。アルペンのCMソングに起用され、オリコン2位の大ヒットを記録しました。平賀さんにとっては、いんぐりもんぐりに続く2組目の担当アーティストで、コンセプトは“ロック版キャンディーズ”だったといいます。

10_部屋とYシャツと私07.「部屋とYシャツと私」平松愛理(1992)
作詞・作曲:平松愛理 編曲:清水信之
平賀さんがディレクターとしての代表作に挙げる平松愛理の8thシングル。90年5月リリースの3rdアルバム『MY DEAR』からのシングルカットで、オリコン最高4位のミリオンヒットになりました。ユニークな詞は「関白宣言」(さだまさし)の女性版として話題となり、レコード大賞の作詞賞を受賞しています。

o034006501196702185308.「Thank you my Girl」RABBIT(1992)
作詞:岩佐友晴 作曲:野下俊哉 編曲:RABBIT
『いかすバンド天国』(TBS系)の5代目イカ天キングを経て、89年にメジャーデビューしたロックバンドの7thシングル。石田ひかり主演の連続ドラマ『悪女』(日本テレビ系)の主題歌に起用され、オリコン14位のロングセラーを記録しました。ディレクターとして、デビュー前から関わっていた平賀さんは「よくぞこんなにいい曲を書いてくれた」とコメントしています。

歌謡ラジオ「午前0時の歌謡祭」 TOPに戻る

原田真二 提携グッズサイト『Feel Happy』音楽制作、ライブ活動、チャリティ事業を積極的に行い、2017年にはデビュー40周年を迎える原田真二との提携グッズサイトが「Feel Happy」。魅力的なオリジナル・グッズを提供していきます。

岩崎宏美 ONLINE SHOP 昭和51年1月に発売された『近代映画ハロー新春号 岩崎宏美 集』の全ページに、平成28年最新インタビューを追加した、特別復刻プレミア豪華版。

大場久美子 DELUXE BOOK トップアイドル時代の大場久美子の『近代映画』記事、グラビアを復刻!

歌謡ラジオ「午前0時の歌謡祭」 記事一覧

歌謡ラジオ「午前0時の歌謡祭」
記事一覧

原田真二 提携グッズサイト『Feel Happy』音楽制作、ライブ活動、チャリティ事業を積極的に行い、2017年にはデビュー40周年を迎える原田真二との提携グッズサイトが「Feel Happy」。魅力的なオリジナル・グッズを提供していきます。

岩崎宏美 ONLINE SHOP 昭和51年1月に発売された『近代映画ハロー新春号 岩崎宏美 集』の全ページに、平成28年最新インタビューを追加した、特別復刻プレミア豪華版。

大場久美子 DELUXE BOOK トップアイドル時代の大場久美子の『近代映画』記事、グラビアを復刻!

FMおだわら(78.7MHz)第1、3火曜25:00~25:30、同週の木曜21:00~21:30<再>

モナオ(旧芸名 唐沢亮) 大人の皆さん、これがムード歌謡のNEWスタンダードです。『たぶん新宿』 唄:モナオとマシュー

ラジオ歌謡選抜

disk union 昭和歌謡館