トップページ ラジオ 歌謡ラジオ「午前0時の歌謡祭」 第19回放送 音楽プロデューサー・吉田 格特集《前篇》

第19回放送 音楽プロデューサー・吉田 格特集《前篇》

第19回放送 音楽プロデューサー・吉田 格特集《前篇》

<2017.7.16 OA>

オーガナイザー:濱口英樹(歌謡曲愛好家) 

第19回放送 音楽プロデューサー・吉田 格特集《前篇》

7月は音楽プロデューサーの吉田格さんをゲストにお迎えしました。学生時代、アマチュアバンド“南十字星”の一員として活動された吉田さんは、76年にCBS・ソニー(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)に入社。洋楽のオムニバス企画や、インストゥルメンタル盤を担当されたのち、78年より邦楽のディレクターとして数々のヒットを放ちます。今までに手掛けたアーティストは、SHOGUN、原田知世、南野陽子、To Be Continued、知念里奈、郷ひろみなど50組以上。ロック、ポップス、アイドル、劇伴、ムード歌謡まで、ジャンルを問わず活躍されています。ご本名は「よしだ・ただし」さんですが、音楽業界では「カクさん」の愛称が定着しているため、番組内でも「カクさん」と呼ばせていただきました。
前篇となる今回は、吉田さんが新人ディレクター時代に担当された70年代の作品から、99年に大ヒットした郷ひろみ「GOLDFINGER ‘99」まで、名曲・ヒット曲に関する制作秘話を伺いました。


01_男達のメロディー01.「男達のメロディー」SHOGUN(1979)
作詞:喜多條忠 作曲:Casey Rankin 編曲:大谷和夫
腕利きのスタジオミュージシャンによって結成されたロックバンドのデビューシングル。沖 雅也主演のコメディドラマ『俺たちは天使だ!』(日本テレビ系)の主題歌として、オリコン最高16位のヒットを記録しました。当時、駆け出しのディレクターだった吉田さんは、彼らとのレコーディングを通じて様々なことを学んだといいます。

02_ロックンロール・ランデブーのテーマBGM.「ロックンロール・ランデブーのテーマ」RIE(中原理恵)(1977)
作詞:山崎真行、ジョニー大倉 作曲・編曲:内海利勝
78年3月に「東京ららばい」でデビューする中原理恵が“RIE”名義でリリースしたプレデビュー曲。日本版『アメリカン・グラフィティ』を意識して制作されたオムニバスアルバム『ロックンロール・ランデブー』にも収録されていますが、実は同アルバムをサントラ盤とする映画の製作も「監督:井筒和幸、主演:風吹ジュン」で企画されていたといいます。残念ながら映画はお蔵入りとなってしまいましたが、本格デビュー前の中原理恵の歌入れを担当したのが吉田さんでした。

03_素敵なセンセーション(My Beautiful Sensation)02.「素敵なセンセーション(My Beautiful Sensation)」WINDS(1980)
作詞:阿木燿子 作曲・編曲:都倉俊一
CBS・ソニーに入社以来、数多くのインストゥルメンタル盤を制作してきた吉田さんは、都倉俊一が設立したグランドオーケストラの担当ディレクターとして様々なアルバム制作に携わります。本作はその都倉の一人多重録音プロジェクト“WINDS”のナンバーで、毎日放送(MBS)制作のドラマ『ミセスとぼくとセニョールと!』(TBS系)の主題歌。ドラマおよび楽曲のタイトルは、頭文字が制作局であるMBSとなるよう命名されています。

04_宇宙空母ブルーノア03.「宇宙空母・ブルーノア-大いなる海へ-」川﨑麻世(1979)
作詞:山上路夫 作曲:平尾昌晃 編曲:船山基紀
当時、ジャニーズ事務所の一押しアイドルとして活躍していた川﨑麻世の10thシングル。『宇宙戦艦ヤマト』の西崎義展プロデューサーが企画・製作したSF冒険アニメ『宇宙空母ブルーノア』(日本テレビ系)の主題歌として幅広い層に親しまれました。川﨑 はデビュー時から上司だった酒井政利氏と日音の小栗俊雄氏が担当していましたが、本作以降、吉田さんが引き継ぐこととなりました。

05_グッバイ・ハートブレイクBGM. 「グッバイ・ハートブレイク」CINEMA(1980)
作詞:荒木とよひさ 作曲:松尾清憲 編曲:鈴木慶一、CINEMA
ムーンライダーズの鈴木慶一と吉田さんのプロデュースによりデビューしたCINEMAは、松尾清憲、鈴木さえ子、一色 進、小滝 満等が在籍したポップバンド。1枚のアルバムと3枚のシングルを残して82年に解散しますが、メンバーはその後、ソロやバンド、プロデューサーとしてそれぞれ活躍しています。ハウス食品コーヒーゼリーのイメージソングに本作は、彼らの記念すべきデビューシングルです。

06_誘惑ゾーン442504.「誘惑ゾーン4425(FILL ME)」NASA(1980)
作詞:阿木燿子 作曲:大浜和文 編曲:NASA
亀井登志夫や大浜和文、角田 順など、スタジオミュージシャンとして活躍していた5人が79年に結成したロックバンドのデビューシングル。ワコールのイメージソングにも起用された軽快なAORチューンです。同年、リードボーカルの亀井が映画『なんとなく、クリスタル』に出演したことも大きな話題となりました。バンドは81年に解散しますが、亀井は松本伊代や斉藤由貴、南野陽子などに多くの作品を提供するなど、作曲家としても活躍を続けています。

07_シーサイド・ドライブイン05.「シーサイド・ドライブイン」ザ・パイロッツ(1982)
作詞:康 珍化 作曲:亀井登志夫 編曲:溝渕新一郎
吉田さんが思い入れのある1曲として挙げた6人編成バンドのデビュー曲です。それまではメンバーの遠藤兄弟が在籍していたアルルという歌謡曲ユニットを担当していた吉田さんですが、本作ではワイルドワンズのようなGS路線に転換。倉田まり子がアルバムに収録するなど、作品自体の評価は高かったものの、社内の人事異動で彼らの担当を離れることになり、結果としてこの1作でバンドが解散してしまったことが心残りだったといいます。

08_彼と彼女のソネットBGM.「彼と彼女のソネット」原田知世(1987)
日本語詞:大貫妙子 作曲:Romano Musumarra 編曲:後藤次利
フランスの歌手、エルザが13歳の時に歌った「哀しみのアダージョ(原題:T’en va pas)」のカバー曲。オリジナル曲はエルザ自身が出演した映画の主題歌に起用されたこともあり、本国フランスで8週連続1位を獲得するミリオンヒットとなりました。音楽出版社から本作のカバーを提案された吉田さんは日本語詞をシュガーベイブ時代から親交のある大貫妙子に依頼。原田知世の12thシングルとしてリリースされた本作はオリコン19位まで上昇しました。

09_天国にいちばん近い島06.「天国にいちばん近い島」原田知世(1984)
作詞:康 珍化 作曲:林 哲司 編曲:萩田光雄
ニューハーフのベティが歌う「I LOVE YOUはひとりごと」(81年4月発売/原 由子との競作曲)を手がけたことが社内で問題視され、2年ほど仙台の営業所に勤務した吉田さんは84年夏に制作の現場に復帰。その初仕事が原田知世のソニー移籍第1弾シングルにあたる本作でした。角川映画の同名主題歌として制作されたこの作品は吉田さんにとって初のオリコン1位を獲得。以後、原田がソニー在籍中に発表したアルバム5作、シングル8枚すべてをプロデュースしています。
10_雨のプラネタリウム07.「雨のプラネタリウム」原田知世(1986)
作詞:秋元 康 作曲・編曲:後藤次利
吉田さんがプロデュースしたアルバム制作を通じて、徐々に音楽的な幅を広げてきた頃にリリースされた9thシングル。従来のシングル曲にはないリズミカルなアッパーチューンで新境地を開拓しました。トヨタ自動車NEWカローラのイメージソングに起用され、オリコン12位のヒットを記録しています。

11_GOLDFINGER'99_111_GOLDFINGER'99_208.「GOLDFINGER ‘99」郷ひろみ(1999)
日本語詞:康 珍化 作曲:Desmond Child、Draco Rosa 編曲:鳥山雄司
ラテンミュージックのスター、リッキー・マーティンの全米進出曲「Livin’ La Vida Loca」の日本語カバー。オリコン最高13位ながら7ヶ月以上チャートインするロングセラーとなり、郷ひろみの代表曲となりました。吉田さんはこの作品のみの担当でしたが、「大人の不良」をコンセプトに、ジェームズ・ボンドのような、仕事もできるが女性にも積極的な男をイメージ。スタッフと話し合う中で「恋の火遊び=アッチッチ」に繋がっていったといいます。

《イントロクイズ解答》

21_吐息でネット

 

 

 

 

「吐息でネット」南野陽子

22_早春物語

 

 

 

 

「早春物語」原田知世

23_ヴァージン・ハート

 

 

 

 

「ヴァージン・ハート」相楽ハル子

24_君だけを見ていた

 

 

 

 

「君だけを見ていた」To Be Continued

25_Wing

 

 

 

 

「Wing」知念里奈

 

歌謡ラジオ「午前0時の歌謡祭」 TOPに戻る

原田真二 提携グッズサイト『Feel Happy』音楽制作、ライブ活動、チャリティ事業を積極的に行い、2017年にはデビュー40周年を迎える原田真二との提携グッズサイトが「Feel Happy」。魅力的なオリジナル・グッズを提供していきます。

岩崎宏美 ONLINE SHOP 昭和51年1月に発売された『近代映画ハロー新春号 岩崎宏美 集』の全ページに、平成28年最新インタビューを追加した、特別復刻プレミア豪華版。

大場久美子 DELUXE BOOK トップアイドル時代の大場久美子の『近代映画』記事、グラビアを復刻!

歌謡ラジオ「午前0時の歌謡祭」 記事一覧

歌謡ラジオ「午前0時の歌謡祭」
記事一覧

原田真二 提携グッズサイト『Feel Happy』音楽制作、ライブ活動、チャリティ事業を積極的に行い、2017年にはデビュー40周年を迎える原田真二との提携グッズサイトが「Feel Happy」。魅力的なオリジナル・グッズを提供していきます。

岩崎宏美 ONLINE SHOP 昭和51年1月に発売された『近代映画ハロー新春号 岩崎宏美 集』の全ページに、平成28年最新インタビューを追加した、特別復刻プレミア豪華版。

大場久美子 DELUXE BOOK トップアイドル時代の大場久美子の『近代映画』記事、グラビアを復刻!

ラジオ歌謡選抜

disk union 昭和歌謡館