トップページ コラム/レビュー 東京レコード散歩 東京レコード散歩 その⑱ 池袋(前篇)

東京レコード散歩 その⑱ 池袋(前篇)

東京レコード散歩 その⑱ 池袋(前篇)

文/鈴木 啓之 (アーカイヴァー) 

DSCN1994

都内城北の玄関口、池袋といえば「池袋の夜」(青江三奈)のレコードジャケットのアングルで

♪どうせ気まぐれ東京の夜の池袋~ならぬ、昼の池袋篇である。池袋というとどうしても夜のちょっと危ういイメージが付きまとう。最も有名なご当地ソングは青江三奈の「池袋の夜」だし、同曲が日活で映画化された際も『女の手配師 池袋の夜』というかなり怪しげなタイトルが冠された。最近でもクドカン(=宮藤官九郎)作の『池袋ウエストゲートパーク』はエグいシーンが描かれたアンダーグラウンドなドラマとして記憶される。東京をあまり知らない人にとって、池袋はちょっとコワい街と思われても仕方がないだろう。そんなイメージを払拭すべく(?)出かけた今回の散歩、結論から言ってしまえば少なくとも昼間はいたって平和な街であった。個人的には学生時代の多感な時期を過ごした懐かしい街でもある。ターミナル駅にありがちな、西と東で様子が大きく異なる街。まずは親しみ深い西口一帯を歩く。

DSCN1940

老舗のレコード店の五番街、壁にアイドルグループのサインが並ぶ

東武百貨店の地下1番街に有名な待ち合わせ場所があり、今は大きな液晶モニターになっているが、昔はテレビがたくさん並んでいたことから“テレビ前”と呼ばれていた。ご存知の方はきっと多いはず。その横の地下道を東口方面に進むとJRの改札を過ぎた辺りに「スナックランド」という食べ物屋さんの集合体があり、そこでスパゲッティやカレーをよく食べたのも懐かしい。今は小綺麗になり名前も変わったものの、食べ物処は健在だ。少々話が逸れたが、今日も旧テレビ前で同行のT氏と合流してから、まずは東武のエレベーターに乗って7階へ。老舗のレコードショップ「五番街」に立ち寄る。昔からよく歌手の店頭キャンペーンが行われていたが、今はやはりアイドルが多い様で、壁に様々なアイドルグループのサイン入りポスターがズラリと並んでいた。「旭屋書店」で毎日のように本を物色したのも東武百貨店での想い出だ。角川映画が次々に封切られていた頃、薬師丸ひろ子の次の主演作が「セーラー服と機関銃」と発表されてすぐ、まだ文庫になる前の単行本を探してここで買ったことを強烈に憶えている。当時のCMに倣って言えば、私は読んでから観る派だった。ビックカメラのCMソングにある通り、東口にあるのが西武で、西口が東武なのがややこしい。もっとも池袋の東武はもともと東横百貨店、西武もその昔は武蔵野デパートといったらしい。

DSCN1946

ドラマですっかりおなじみになった西口公園(IWGP)

DSCN1947今やIWGP(=池袋ウエストゲートバーク)の名の方が通りがよくなった西口公園は平日の昼間にも拘わらず人でいっぱい。ステージ状になった場所にホームレス風が三人ほど横になっている。すぐ脇には平和の像があるが、普段は気にとめる人は皆無であろう。戦前は師範学校、戦後まもなくは闇市が広がっていた一帯だそうで、今はすぐ側に聳える東京芸術劇場が、街の景観と治安を辛うじて保持している感じがした。見渡しのいい公園から駅前の大通り(要町通り)に抜けて、丸井がある大きな交差点へ。途中の左側にあった「芳林堂書店」の本店は今は失く、通りの反対側にコミックプラザだけが残る。地下1階から地上6階までの大型書店で、最上階の7階には古書の「高野書店」と喫茶「栞」があり、階段から連なる広い均一棚を漁ったのも懐かしい想い出。そして1階奥には芳林堂のレコード部があった。昭和50年代の半ば、アイドルのシングル盤などはここでずいぶん買ったと思う。交差点にあるマルイでは買物の憶えこそないものの、何階かに入っていたハンバーガーショップ「森永LOVE」によく立ち寄ったものだ。ハンバーガーは素朴で好きな味だったし、それにも増して、ちょっと独特な甘さのあるオレンジジュースを決まって注文していた。あれはサンキストオレンジだったか。森永LOVEは店舗数が少なかったせいか、当時の話が通じる相手は意外と少なく、2007年のホイチョイ・ムービー『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』で六本木店のセットが再現されたのは嬉しかった。

DSCN1953

八勝堂書店

DSCN1960

メモリーレコード

要町通りをさらに進むと古本とレコードの「八勝堂書店」がある。今の綺麗なビルになる前から通っていて、自分なりの堀出し物をずいぶん買わせてもらった。店頭にあるシングル盤の100円均一台が楽しく、池袋に来るとだいたい立ち寄るのが常。店の半分は古書店になっていて盤石の品揃えである。新装オープンの時にレア盤がザクザク出ていたのは、亡くなった凄いコレクターの遺品を買い受けたものだったと、後に事情通が教えてくれた。今日も立ち寄ったついでにシングルを2枚購入してから、横の路地を曲がって立教通りへ。その手前、今はバーになっている「メモリーレコード」は、かつてはレコード屋さんで、店名はその名残。当時もう少し大人だったら通いたかったレコード店のひとつだ。立教通りを歩きつつ、老舗の古本店「夏目書房」を少々覗く。以前はこの裏手に「セブンティーンズ・ロック」といういい品揃えの中古レコード屋さんがあった。駅からだいぶ離れた商店街の外れで営業された後の移転先。洋楽がメインながら邦楽も充実していて、価格も良心的だった。

DSCN1966

立教大学キャンパス内にある「鈴懸の径」歌碑

ようやく立教大学に到着。昔から変わらぬキャンパスを歩くと若いエネルギーに溢れていて圧倒される。自分の老いをひしひしと感じる悲しい瞬間だ。今日の確固たる目的のひとつだった「鈴懸の径」の歌碑を見つけて写真撮影。その横に小ぶりながら鈴懸の並木道は今も存在していた。鈴木章治とリズム・エースの演奏で知られるナンバー、もともとは戦前に灰田勝彦が歌ったヒット曲で、氏は立大のOB。そして立大出身のヒーローといえば、なんといってもミスタージャイアンツ・長嶋茂雄の名が挙げられよう。40年近く前、『消えた巨人軍』というテレビドラマのロケを大学の正門前でやっているのに遭遇したことがある。大坂志郎さんの姿が見えて、石立ドラマ『雑居時代』のファンとしては嬉しかった(五人姉妹の父親役で出演していた)。ロケ話ではもう一つ、B級映画の鬼才・河崎実監督の自主映画時代の作品『イキナリ若大将』も、ここを京南大学のキャンパスに見立てて撮影している。ついでに言えばラストのパーティーシーンは、東口にある高村ビル(現在はディスクユニオン池袋店が入っている)の最上階のホールでの撮影だった。何もかも、みな懐かしい・・・。

DSCN1968

trs18+池袋の夜 (2)

池袋の夜/青江三奈(昭和44年)
池袋の歌といえば、まずこれ。新宿に比べるとそれほど多くは見当たらず、もっとあってもいいと思うのだが。新宿に横浜に長崎・・・ブルースの歌姫はご当地ソングの女王でもあった。

trs18+池袋ナイト

池袋ナイト/谷俊之と東京ナイツ(昭和49年)
夜の池袋はムード・コーラスにも歌われている。メインボーカルは女性のすがゆうこ。サックス奏者のリーダー・谷俊之が自ら作曲した一曲。東京出身者はメンバー6人中2人だけ。

trs18+鈴懸の径

鈴懸の径/灰田勝彦(昭和35年)
兄・灰田有紀彦(灰田晴彦)が作曲し、戦時中の昭和17年に出されたヒット曲の再録音盤。勝彦の母校・立教大学のキャンパスにはモデルとなった鈴懸の小道と歌碑が実在している。

trs18+スシ

スシ(鈴懸の径)/フランキー・カール(昭和39年)
戦後は鈴木章治とリズム・エースの演奏でヒットした曲を、ムード音楽のフランキー・カールが軽快なピアノでカヴァー。「上を向いて歩こう=スキヤキ」に肖ったタイトルが面白い。

trs18+野球小僧は歌う

野球小僧は歌う/灰田勝彦(昭和39年)※シートブック
昭和26年のヒット「野球小僧」に因んで、立大の先輩と後輩が夢の顔合わせ。映画『ミスタージャイアンツ 勝利の旗』も紹介されている。「鈴懸の径」が未収録なのはちょっと残念。

trs18+セント・ポール・ウイル・シャイン

セント・ポール・ウイル・シャイン/立教グリークラブ(昭和30年)
六大学野球ではいつも苦杯を喫していた立教だが、外国曲を基にしたこの応援歌は有名だろう。グリークラブは大正12年創部以来の伝統を誇る。太郎さんも花子さんも共に歌おう!

 

原田真二 提携グッズサイト『Feel Happy』音楽制作、ライブ活動、チャリティ事業を積極的に行い、2017年にはデビュー40周年を迎える原田真二との提携グッズサイトが「Feel Happy」。魅力的なオリジナル・グッズを提供していきます。

岩崎宏美 ONLINE SHOP 昭和51年1月に発売された『近代映画ハロー新春号 岩崎宏美 集』の全ページに、平成28年最新インタビューを追加した、特別復刻プレミア豪華版。

大場久美子 DELUXE BOOK トップアイドル時代の大場久美子の『近代映画』記事、グラビアを復刻!

東京レコード散歩 記事一覧

東京レコード散歩 記事一覧

プロフィール

鈴木 啓之

鈴木 啓之(すずき ひろゆき)

アーカイヴァー。昭和40年東京生まれ。テレビ番組制作会社に勤務の後、中古レコード店経営を経て、ライター及びプロデュース業へ。昭和の歌謡曲、テレビ、映画について雑誌などへの寄稿、CDやDVDの監修・解説を主に手がける。著書に『王様のレコード』(愛育社)、『昭和歌謡レコード大全』(白夜書房)など。現在、月刊てりとりぃ誌に「古書とスイーツの日々」を連載。FMおだわら『ラジオ歌謡選抜』にレギュラー出演中。

原田真二 提携グッズサイト『Feel Happy』音楽制作、ライブ活動、チャリティ事業を積極的に行い、2017年にはデビュー40周年を迎える原田真二との提携グッズサイトが「Feel Happy」。魅力的なオリジナル・グッズを提供していきます。

岩崎宏美 ONLINE SHOP 昭和51年1月に発売された『近代映画ハロー新春号 岩崎宏美 集』の全ページに、平成28年最新インタビューを追加した、特別復刻プレミア豪華版。

大場久美子 DELUXE BOOK トップアイドル時代の大場久美子の『近代映画』記事、グラビアを復刻!

FMおだわら(78.7MHz)第1、3火曜25:00~25:30、同週の木曜21:00~21:30<再>

モナオ(旧芸名 唐沢亮) 大人の皆さん、これがムード歌謡のNEWスタンダードです。『たぶん新宿』 唄:モナオとマシュー

ラジオ歌謡選抜

disk union 昭和歌謡館