トップページ コラム/レビュー 東京レコード散歩 東京レコード散歩 その➄ 赤坂<前篇>

東京レコード散歩 その➄ 赤坂<前篇>

東京レコード散歩 その➄ 赤坂<前篇>

鈴木 啓之 (アーカイヴァー) 

IMGP2347

長い歴史と伝統文化が息づく大人の街赤坂。多くの歌の舞台となった。

赤坂は六本木と同様にJRの駅がないメトロの街。丸の内線沿線の町で育った自分にとっては、千代田線の赤坂駅よりも赤坂見附の方がなじみ深い。この日も同行のT氏と見附の駅上のベルビー赤坂で待ち合わせた。

IMGP2344

以前、横断歩道を渡った目の前、赤坂東急ホテルの1階にレコード屋さんがあり、CDの時代になってもしばらく営業していた。今から10年前に赤坂東急ホテルが赤坂エクセルホテル東急にリニューアルされたというから、その頃までだったかもしれない。そういえば、作曲家の村井邦彦さんもその昔赤坂で「ドレミ商会」というレコード店を経営されていたそうだが、場所はどの辺りだったのだろうか。

2階にはフーターズ、地下にはサイゼリヤとだいぶ様変わりした東急プラザを横目に見つつ外堀通りを溜池方面へ歩くと、かつてのホテルニュージャパンがあった場所はすぐ。例の火災の後にホテルが閉鎖されてからも、十数年にも亘って建物がそのままで痛々しかったが、今はプルデンシャルタワーと呼ばれる高層ビルが聳えている。ここの地下に伝説のナイトクラブ、ニューラテンクォーターがあったのだ。力道山が刺された場所として有名になってしまったが、選ばれた大人の夜の社交場、一度は訪ねてみたかった。日本の大物スターをはじめ、多くの海外アーティストもライヴを行なった聖地として知られており、同地でのナット・キング・コールやヘレン・メリルのライヴ音源は最近になってまとめられたCDで聴くことが出来る。さらに当時の詳しい話を知りたい向きは元オーナーの山本信太郎氏や、元営業部長の諸岡寛司氏が著された書を読むべし。昭和のナイトクラブは華やかだった。

IMGP2353

徳川家御用達の神社だった赤坂日枝神社

ベンチャーズ・イン・ジャパン
ザ・ワイルド・ワンズ アルバム第二集

IMGP2358さらに進むと見えてくる山王日枝神社も外国人アーティストと縁がある。来日の際ここで撮った写真がジャケットに使われたのがベンチャーズ。この日も参拝を兼ねて、彼らが記念撮影した祠の前でシャッターを切った。境内から降りてゆく階段もジャケ使用頻度の高いポイントである。ザ・ワイルド・ワンズのセカンド・アルバムのジャケットに写っているのもたぶんここだろう。ワイルド・ワンズといえば加山雄三、加山雄三といえばビートルズ来日の際の奇跡の会談。というわけで、その時彼らが宿泊したのが、神社と隣接していた旧ヒルトンホテルである。『007は二度死ぬ』の撮影時にショーン・コネリーが宿泊したのも東京ヒルトンであったという。その後、同じ建物のままキャピトル東急となり、今では建て替えられた巨大なビル、キャピトルタワーの中にザ・キャピトルホテル東急として営業再開しているが、すっかり現代風になって往時の面影はない。
同行のT氏は以前の建物が閉館する直前、ビートルズが泊まったプレジデンシャルスイートの1005号室に入ったという、実にうらやましい話を聞かせてくれた。

IMGP0211
以前のキャピタル東急ホテル。2006年撮影

加山雄三が訪ねて、彼らと一緒にすき焼を食した時の記念写真は、昭和の芸能史に残る大スクープだったと思う。ホテルの目の前、溜池交差点の手前にはかつての東芝レコードがあった。後の東芝EMI時代には大きなビルが建てられたその場所、ずっと昔はダンスホールのフロリダだったという。

IMGP2366 (600x800)

以前ここに東芝EMIのビルが建っていた

ロビーに掲げられていた越路吹雪の大きなパネルを見たユーミンが、いつか自分もという思いを密かに抱いたことを、2013年に岩谷時子賞を受賞した席で披露していた。いい話である。ビートルズもベンチャーズも加山雄三もワイルド・ワンズも、さらにはクレージー・キャッツに坂本九、黛ジュン、奥村チヨに岡崎友紀・・・皆かつては東芝レコードに所属していた。レコードを集めていた自分にとって、魅力ある歌手がひしめく東芝レーベルは特に思い入れが強いだけに、先頃遂に東芝EMIという会社が無くなってしまったのは本当に淋しい。それでなくても今回歩いた一帯は、神社を除いてすべて〇〇跡で、昔あった建物が失われてしまったところばかりであった。赤坂プリンスホテルもまた然り。昭和39年の東京オリンピックに合わせて開業されたホテル群の老朽化は仕方なかろうが、由緒ある建造物が次々と消えてゆく。高層ビルが増え、物々しい警備ばかりが横行する現状にいささか閉口しながら、昭和の面影を残す物件を求めて、赤坂の街をもう少し彷徨ってみることにした。

IMGP0203

建て替え前のキャピトル東急ホテルのプレジデンシャル・スイート。2006年撮影

めぐり逢い

めぐり逢い/牧秀夫とロス・フラミンゴス (昭和43年)
ニューラテンクォーターの専属だったラテン・バンド。数多のスターたちのバックを務めたことだろう。マヒナらと「ウナ・セラ・ディ東京」を競作したことも。現在も活動を続ける。

今宵踊らん

今宵踊らん 第10集/東芝オール・スターズ (昭和36年)
洋邦の流行歌やスタンダードなどをアレンジしたダンス・ミュージックの定番シリーズの一枚。ニューラテンクォーターの前で女性をエスコートする紳士が写る。良き時代であった。

ベンチャーズ・イン・ジャパン

ベンチャーズ・イン・ジャパン 第1集/ベンチャーズ (昭和40年)
エレキ旋風を巻き起こしたインスト・バンドの日本でのライヴ・アルバム。小雨そぼ降る中、山王神社で撮影された。東芝のアーティストは同地で撮影が行なわれる機会が多かった。

ザ・ワイルド・ワンズ アルバム第二集

アルバム 第二集/ザ・ワイルド・ワンズ(昭和43年)
加山雄三の命名でデビューした彼らも、境内下のなだらかな石段で決めポーズを。ジャケット裏では衣装を替え、リーダーの加瀬邦彦が12弦ギターを持って同じ場所で写っている。

ここは赤坂

ここは赤坂/島 和彦(昭和43年)
41年に「雨の夜あなたは帰る」をヒットさせて紅白歌合戦にも出場した二枚目歌手。ポージングがモデルの様だ。後ろの女性たちは3人並んで信号色となる意図的な配置なのか?

雨の赤坂

雨の赤坂/ジャッキー吉川とブルー・コメッツ(昭和43年)
GSの先駆者、ブルコメが歌謡曲に転向しての第2弾。筒美京平が編曲を手がけたムード歌謡の佳曲。写真の場所は特定出来なかったが、旧ヒルトンホテルの裏手辺りであろうか。

NEXT歌謡フェス 懐かしむだけのものじゃないー新しい歌謡曲の魅力を発信する次世代への歌謡フェス、記念すべき第1弾が2017年3月25日(土)に新宿LOFTにて開催!

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

原田真二 提携グッズサイト『Feel Happy』音楽制作、ライブ活動、チャリティ事業を積極的に行い、2017年にはデビュー40周年を迎える原田真二との提携グッズサイトが「Feel Happy」。魅力的なオリジナル・グッズを提供していきます。

岩崎宏美 ONLINE SHOP 昭和51年1月に発売された『近代映画ハロー新春号 岩崎宏美 集』の全ページに、平成28年最新インタビューを追加した、特別復刻プレミア豪華版。

大場久美子 DELUXE BOOK トップアイドル時代の大場久美子の『近代映画』記事、グラビアを復刻!

東京レコード散歩 記事一覧

東京レコード散歩 記事一覧

プロフィール

鈴木 啓之

鈴木 啓之(すずき ひろゆき)

アーカイヴァー。昭和40年東京生まれ。テレビ番組制作会社に勤務の後、中古レコード店経営を経て、ライター及びプロデュース業へ。昭和の歌謡曲、テレビ、映画について雑誌などへの寄稿、CDやDVDの監修・解説を主に手がける。著書に『王様のレコード』(愛育社)、『昭和歌謡レコード大全』(白夜書房)など。現在、月刊てりとりぃ誌に「古書とスイーツの日々」を連載。FMおだわら『ラジオ歌謡選抜』にレギュラー出演中。

NEXT歌謡フェス 懐かしむだけのものじゃないー新しい歌謡曲の魅力を発信する次世代への歌謡フェス、記念すべき第1弾が2017年3月25日(土)に新宿LOFTにて開催!

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

原田真二 提携グッズサイト『Feel Happy』音楽制作、ライブ活動、チャリティ事業を積極的に行い、2017年にはデビュー40周年を迎える原田真二との提携グッズサイトが「Feel Happy」。魅力的なオリジナル・グッズを提供していきます。

岩崎宏美 ONLINE SHOP 昭和51年1月に発売された『近代映画ハロー新春号 岩崎宏美 集』の全ページに、平成28年最新インタビューを追加した、特別復刻プレミア豪華版。

大場久美子 DELUXE BOOK トップアイドル時代の大場久美子の『近代映画』記事、グラビアを復刻!

FMおだわら(78.7MHz)第1、3火曜25:00~25:30、同週の木曜21:00~21:30<再>

モナオ(旧芸名 唐沢亮) 大人の皆さん、これがムード歌謡のNEWスタンダードです。『たぶん新宿』 唄:モナオとマシュー

ラジオ歌謡選抜

disk union 昭和歌謡館