トップページ 特集 歌謡曲、期待の星 川上大輔

歌謡曲、期待の星 川上大輔

歌謡曲リミテッド スペシャルインタビュー

歌謡曲、期待の星 川上大輔

(ページ: 1 / 2)

取材・文/竹部吉晃 公開日:2013.02.18

美しき日本歌謡の進化型、ビジュアル歌謡の新星、和流スターの本命、といったキャッチフレーズをほしいままにする川上大輔。デビュー前から話題を独占、2月6日に「ベサメムーチョ」で颯爽とデビューを果たした期待の新星に、デビューに際しての決意はもちろん、彼の最大の魅力である美声が作られた背景、昭和歌謡の名曲をカバーする思い、など今現在の川上大輔のすべてを聞いた。歌謡曲リミテッド初のアーティストインタビュー。それに相応しい大型新人の登場です。

--年末に行われた関係者向けのデビュー発表会の感想からお聞かせください。多くの人の前でデビューシングルの「ベサメムーチョ」と「ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー」を歌われていました。

川上:もちろん緊張はしましたが、足が震えてしまうとかの類のものではなくて、意気込みをもって、いい意味での緊張感の中で歌わせていただきました。

--初めて聴く川上さんの晴らしい歌声と伸びのある歌唱に驚きました。本人の出来はいかがでしたか。

川上:客観的にみることはできないのですが、歌、MCを含め、あの時点での最大限のものは発揮できたと思っています。反省は必要ですが、悔いのないステージを目標としていましたので、そこの部分に関してはとても満足のいくものでした。

--歌はもちろん、落ち着いたMCにも感心しました。

川上:僕は本来、大勢の人の前で話をするのがあまり得意ではないんです。なので、事前に話す内容を考えてから臨みました(笑)。

--全然、そうは見えませんでした。

川上:東京の前に大阪でもイベントを行ったのですが、そのときは歌やMC、自分の表情も含めて反省点が多かったので、次はちゃんと自分のベストが見せられるようにと、必死になって臨みました。

--翌日早速大きなニュースになっていました。どういう感想を持ちましたか。

川上:驚きました。自分のことがあんなに大きなニュースになるとは思っていなかったので。友達から連絡が来て、思わずびっくりしてしまいました(笑)。そこで初めて自分は芸能の世界に入ったんだなと実感し、感動しました。

--新年早々にも「8大ニュース」が発表されていました。

川上:ちょっと気持ちが追い付かないですね(笑)。自分のことのようで自分ではないみたいで(笑)。

--川上さんの魅力は、その美声と高音の歌唱法にあると思います。自分の声が特徴的であることを自覚したのはいつくらいからなのですか。

川上:高校生のとき、友人とよくカラオケに行って、面白半分で女性ボーカルの曲を歌っていたんです。最初はキーが高くて歌えなかったのですが、面白くなり練習していくうちに徐々に歌えるようになっていったんです。その頃はまだ人前で歌えるほどのものではなく、身内の中で「うまいね」と褒められる程度でした。身体の仕組みを考えれば、普通は歌うことはできないはずですが、元々自分の声が高かったこともあって、歌い込んでいくうちに順応していって、しだいに女性ボーカルの曲でも歌えるようになっていったんです。

--キーを変えずに歌っていたんですね。

川上:「原曲のキーでどこまで歌えるか」と言って、友人同士で競い合っていたんです。それがカッコいいことだと思ってムキになって歌っていました(笑)。最初は聴くに堪えないものだったと思いますが、本当にそこからスタートしたんです。

--声変わりの意識はあったのですか。

川上:中学生くらいにありました。でも話すときと歌うときの声が違って聞こえるとはよく言われます。自分ではあまりよく分からないのですが……。

--いただいた資料のプロフィールには大学でプロを決意したと書いてありました。決意を固めたきっかけは?

川上:20歳から21歳にかけてのとき、自分は将来何がしたいのか、ということについて、初めて真剣に悩んだ時期がありました。社会に出て会社に就職するにあたって、自分は何ができるんだろうと真剣に考えたんです。でも、そのときの自分は何がしたいのかが分かりませんでした。ただ自分は歌を歌うことが好きなことだけは確かだったんです。それに、自分の声に特徴があるということも自覚していて、これは武器になるかもしれないということも気づいていました。そのうえで、「自分のやりたいことは何か」と自問自答し、母にも相談して、自分は歌の世界に進みたいという答えを出したんです。

--それは大きな決断ですね。

川上:大学は卒業したものの就職はせず、ボイストレーニングを始めることにしました。そこで、自分に合った素晴らしいボイストレーナーの方と出会い、人生が変わっていきました。

--そのボイストレーナーとの出会いがひとつの転機だったわけですね。

川上:その出会いがあるから今があるといっていいほどの重要なものでした。それまでの僕の歌の特徴はキーが高いということだけでした。でもボイストレーナーと出会ってから、体の一部として声を出すという基礎的なことを教わり、歌い方も変わり、自分の歌唱法に磨きがかかっていきました。

--その頃目指していた音楽はどういうジャンルですか。

川上:まだ漠然としていました。慣れないながらも自分で作詞・作曲をしていましたし、洋楽のカバーも歌っていました。ダニー・ハサウェイやインディ・アーリーなど、ブラックミュージックをよく歌っていました。そうやって試行錯誤を繰り返しながら、ライブハウスに出たり、事務所に書類を送ったり、オーディションを受けたりしていたんです。そんなとき、偶然ライブハウスで歌う僕を見てくれた今の事務所の方に声をかけられて、プロの道に進むことになりました。そこから、今に至るまで2、3年の時間がかかっていますが、今年ようやくデビューすることが出来ました。

--デビューまでの2、3年を振り返ってみて、どんな歳月でしたか。

川上:辛いこともありましたが、歌をやめようと思ったことは一度もありませんし、いつか歌手になるという気持ちをもってレッスンに励んでいました。

--その時期に今レパートリーにしているような古い日本の歌謡曲を多く歌うようになったわけですか。

川上:最初の頃はR&BやJ-POP、演歌など、いろんなジャンルの曲を歌っていました。その中で「僕の声をいちばん活かせるジャンルは何か」について、スタッフの方や自分も含めていろいろ考えた結果、「歌謡曲なのではないか」ということになり、歌謡曲を歌わせていただくことになりました。

--古い日本の歌謡曲についての認識はいかがでしたか。ほとんどが、川上さんの生まれる以前の曲ですよね。

川上:カラオケボックスではない、いわゆるバーのような酒席で歌わせていただく機会があり、そこでは昔の歌謡曲をレパートリーにしていました。今ぱっと思い浮かぶのは、沢田知可子さんの「会いたい」とか。自分の年代ではあまり親しみのない曲もよく歌っていました。

--若い方の耳で聴いた日本の古い歌謡曲の印象はいかがですか。

川上:人からよく義理深いと言われることが多いんです。自分はきっと古臭い人間なんじゃないかって思うんです(笑)。なので、昔の歌謡曲を歌っても拒絶感は全くなく、すごくしっくりきたんです。歌謡曲を歌うことで、自分の心をうまく音楽に乗せて表現できる。そこは自分でも驚きました。昔の歌謡曲を歌って思ったのは、すごく洋楽に近いテイストがあるということでした。もちろん、名曲と言われる曲はメロディや歌詞も素晴らしく、歌っていて楽しい気持ちになるんですが、ジャズやソウルミュージックを歌う感覚に近い。そこに親近感を覚えました。

--資料に「若い人たちに日本のいい曲を知ってもらえたらうれしい」と書かれていました。それができるのはまさに川上さんの歌だと思いました。

川上:そういう歌手になれればと思っています。

(次ページへ続く)

PREV

ページ: 1 / 2

NEXT

川上大輔

東京都出身。1984年11月12日生まれ。身長180cm。体重66kg。2013年2月6日に待望のデビューシングルを発売。日本歌謡の名曲「ベサメムーチョ」をカバー。その官能的なプラチナボイスと端正な容姿で、美しき日本歌謡の進化型「ビジュアル歌謡」の新星として大きな注目を集めている。
http://daisuke1112.jp/

NEXT歌謡フェス 懐かしむだけのものじゃないー新しい歌謡曲の魅力を発信する次世代への歌謡フェス、記念すべき第1弾が2017年3月25日(土)に新宿LOFTにて開催!

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

原田真二 提携グッズサイト『Feel Happy』音楽制作、ライブ活動、チャリティ事業を積極的に行い、2017年にはデビュー40周年を迎える原田真二との提携グッズサイトが「Feel Happy」。魅力的なオリジナル・グッズを提供していきます。

岩崎宏美 ONLINE SHOP 昭和51年1月に発売された『近代映画ハロー新春号 岩崎宏美 集』の全ページに、平成28年最新インタビューを追加した、特別復刻プレミア豪華版。

大場久美子 DELUXE BOOK トップアイドル時代の大場久美子の『近代映画』記事、グラビアを復刻!

FMおだわら(78.7MHz)第1、3火曜25:00~25:30、同週の木曜21:00~21:30<再>

モナオ(旧芸名 唐沢亮) 大人の皆さん、これがムード歌謡のNEWスタンダードです。『たぶん新宿』 唄:モナオとマシュー

ラジオ歌謡選抜

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館