トップページ 特集 ホノルルからやって来たバイリンガル、ジェニファーが歌謡界に旋風を巻き起こす!日本人の心に残る昭和の音楽を…

ホノルルからやって来たバイリンガル、ジェニファーが歌謡界に旋風を巻き起こす!日本人の心に残る昭和の音楽を現代に新しい形で蘇えらせる、期待の新星登場

歌謡曲リミテッド スペシャルインタビュー

ホノルルからやって来たバイリンガル、
ジェニファーが歌謡界に旋風を巻き起こす!

日本人の心に残る昭和の音楽を現代に新しい形で蘇えらせる、
期待の新星登場

取材/竹部吉晃 取材・文/鈴木啓之 公開日:2013.08.07

トップミュージカル女優として活躍するジェニファーは、先日もシアタークリエでの上演だった舞台『タトゥー・フォーティーン』を終えたばかり。多彩な経歴を持つハワイ生まれの彼女が新たに挑戦するのは意外にも“歌謡曲”! 7月24日には「25時のエアポート」で新たなフライトへ無事離陸した。「歌謡曲の新しさとカッコよさをみんなでシェアしてゆきたい」とアピールする彼女に、歌謡曲への想いとデビュー意気込みを語ってもらった。

--欧陽菲菲さんの「雨の御堂筋」を聴いて歌謡曲に目覚められたと聞きました。

ジェニファー:もともと私は古い曲がすごく好きで、日本で歌手デビューしたいと思っていました。アメリカの古い曲を日本語の歌詞に変えて新しくして歌おうとしてデモテープを作ったりしてたんですが、ある時コロムビアのスタッフの方から、歌謡曲を聴いてみてくださいって言われたんです。その中で欧陽菲菲さんの「雨の御堂筋」を最初に聴いて、「これ私が歌ったらいいな!」って思ったんです。それまでは全然知らなかったんですけど、昔の映像も見てみたら、これはカッコいい!って思いました。それから他のアーティストの曲も聴いて、やっぱり歌謡曲の世界にチャレンジしたいと思って始めました!

--当然まだ生まれる前、むしろお母さまの世代の音楽ですよね。

ジェニファー:母は日本人なんですけど、20代の頃にハワイに引っ越してそれからずっとですから、日本の音楽はあまり知らないと思うんです。ビートルズを聴きなさいとかって言われてたくらいなので、私も歌謡曲というのは小さい頃に聴いた憶えはなくて、今回が初めてな感じです。おばあちゃんもハワイに住んでて、向こうでも放映される「紅白歌合戦」とかで演歌を聴いたりしてましたけど。憶えてるのはすごく豪華な衣装の人……小林幸子さん! 今だと演歌と歌謡曲の違いはなんとなくわかるんですが、3年前まではまったく一緒だと思ってましたね。これからまだまだ勉強しなければならないんですが。

--歌謡曲の魅力はどんなところにあると思いますか。

ジェニファー:歌詞にしてもとても素晴らしいと思います。曲と心をつなげるところが好きなんです。今のジェネレーションの音楽はそういうものが少ないと思うんです。私の世代に歌謡曲を紹介するというか、そういった世界をもう一回見せたいという気持ちがあります。


【初回盤(CD+DVD)】


【通常盤(CD)】

ホノルルからやって来た
バイリンガル・ハワイアンが歌う和製ポップス!
『25時のエアポート』
2013年7月24日発売

日本コロムビア

【初回盤(CD+DVD)】
COZA-774~775 / ¥1,600(税込)
《CD》
1. 25時のエアポート
2. Song For Your Love
《DVD》
1.「25時のエアポート」ミュージックビデオ
2. デビューまでの軌跡・密着映像
amazonで購入する

【通常盤】
COCA-16739 / ¥1,300((税込)
1. 25時のエアポート
2. Song For Your Love
3. You Can Change Your Destiny ※ボーナストラック
amazonで購入する

--小さい頃にはどんな音楽を聴いていたんですか。

ジェニファー:ずっと歌手になりたいと思ってましたから、とにかくいろんなジャンルの音楽を聴いてました。母からはキライなものでも聴きなさいって言われてました。一番声の勉強をしたのはセリーヌ・ディオンでしょうか。好きだったのはジャーニーとかイーグルスとか、そのあたりでしたね。昔のジャズは今でもよく聴いてます。エラ・フィッツジェラルドとか、ペギー・リーとかすごく好き。レコードかける時の針音がいいですよね。

--レコードで聴かれてたんですか。

ジェニファー:おばさんの家とかにあって。おじいちゃんも(プレイヤーを)持ってましたし。一緒に音楽の勉強してた人に聴かせてもらったりもしました。聴いたことがあるというくらいですけども、レコードの音は好きです。それも当時はだいたいワンテイクで録音されてたわけでしょう。そういう感じも好きなんです。

--歌手になりたいと思った直接のきっかけはなんだったんですか。

ジェニファー:6歳の時にミスコンテストみたいなものがあって、そこで何か披露しないとダメだったので、ほかに特技らしきものが何もなかったので歌を歌うことにしたんです。イベントに呼んでもらった時に歌ったのが、ジョン・レノンの「イマジン」でした。歌い終わったら、20代くらいの軍人さんが駆け寄ってきて、泣きながら「感動しました、私の人生変わりました」って言われて。それから、私の歌で人の人生が変えられるんだ、これはいい仕事だなと思って歌手になりたいと思ったんです。

--その夢が実際に叶ってみて、今はどんな心境ですか。

ジェニファー:まだあまり実感はないです。夢が叶ったという感じじゃない。たぶん、東京ドームをSOLD OUTしたら、夢を叶えたなぁって思う(笑)。3日間満席ね。その日また話しましょう(笑)。
まだこれからですし、今は夢を叶えるための準備をしていると思います。

--ミュージカルでは既に活躍されているわけですが、それとはまた違いますか。

ジェニファー:舞台も楽しいし好きなんですが、それとまた違うんです。ソロの歌手というのはずっと夢なんですよね。ミュージカルではいろんな役を演じていて、素のジェニファーではないし、やっぱりチームワークが大切ですから。ひとりの感じではない。だから歌手としての活動の方がすごく緊張します。でもステージに立って歌いだすと少し緊張が和らぎます。

--日本語はむずかしいですよね。すべてを理解されるのは大変じゃないですか。

ジェニファー:曲やミュージカルでもそうなんですど、日本語が読めないので、まずローマ字に置き換えてるんです。知らない言葉の意味を調べて、自分の中にそれを探して歌うんですが、細かな表現とかはやっぱり難しいですね。

--「25時のエアポート」をはじめて聴いた時はいかがでしたか。

ジェニファー:「もっともっと」のフレーズがとても印象的でしたね。ずっとデモを聴いてたので、レコーディングの当日はオーケストラの音を聴いて「わー!」っていう感じで感動しました。「やっぱりいい曲だ」と思って、最終的に出来上がったものも素晴らしくて。この間もミニライヴで初めてお客さんの前で歌った時もとてもノリが良くて、この曲がデビュー曲になって良かったと本当に思いました。

--カップリングの「Song For Your Love」については?

ジェニファー:これは私自身のストーリーになっているので、歌っててたまに泣きそうになります。作詞の吉元由美先生は母のベストフレンドで、東京のお母さんみたいな方なんです。私が日本で歌手デビューするのを知って一緒にやりましょうと。私は何も話してないんですけど、小さい頃から私のことをよく知っていて、今回の詞を書いてくださった。とても感謝しています。

--最後にこのサイトをご覧いただいる皆さんへのメッセージをいただけますでしょうか。

ジェニファー:私、ジェニファーの歌をたくさんの方に聴いていただきたいと思いますし、歌謡曲のカッコよさと新しさを皆さんとシェアしてゆきたいと思います。「25時のエアポート」はとても憶えやすい曲なので、みんなカラオケでも歌ってください。これからもよろしくお願いします!

イベント 「熱海花火大会ライブ・ゆかたであそぼ!」出演
2013/08/08(木) 熱海 親水公園イベント広場特設ステージ
1)16:25-16:55 2)18:40-19:10 ※観覧無料

「25時のエアポート」歌唱イベント
2013/08/23(金) 大阪・梅田マルビル1F・みどりのテラス 12:00~
2013/08/23(金) 大阪・イオンモール堺北花田店1Fセンターコート 16:00~
2013/08/24(土) 大阪・恵比須堂本町店 12:30~
2013/08/24(土) 大阪・NU茶屋町1F コリドールプラザ 15:00~
2013/08/24(土) 京都・ラクセーヌ夏祭り特設会場 18:00~
2013/08/25(日) 兵庫・エディオンJR尼崎店 12:00~
2013/08/25(日) 京都・西友亀岡店B1Fフードコート 16:00~
2013/08/29(木) 福井・ラブリーパートナーエルパ 1)14:00~ 2)16:00~

詳しくは日本コロムビア特設サイトへ

ジェニファー

ハワイ・ホノルル出身。14歳の時にハワイでアルバムをリリースし、日本でも映画『フラガール』のメインテーマを歌唱。その後、『レ・ミゼラブル』『レント』などのミュージカルにヒロインとして出演するトップミュージカル女優となる。2013年、コロムビアから歌謡曲シンガーとして新たなるデビューを飾り、注目が集まっている。

日本コロムビア公式サイト:
http://columbia.jp/artist-info/jennifer/
公式ブログ「ひらがなジェニー」:
http://ameblo.jp/jennifer-blog/

NEXT歌謡フェス 懐かしむだけのものじゃないー新しい歌謡曲の魅力を発信する次世代への歌謡フェス、記念すべき第1弾が2017年3月25日(土)に新宿LOFTにて開催!

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

原田真二 提携グッズサイト『Feel Happy』音楽制作、ライブ活動、チャリティ事業を積極的に行い、2017年にはデビュー40周年を迎える原田真二との提携グッズサイトが「Feel Happy」。魅力的なオリジナル・グッズを提供していきます。

岩崎宏美 ONLINE SHOP 昭和51年1月に発売された『近代映画ハロー新春号 岩崎宏美 集』の全ページに、平成28年最新インタビューを追加した、特別復刻プレミア豪華版。

大場久美子 DELUXE BOOK トップアイドル時代の大場久美子の『近代映画』記事、グラビアを復刻!

FMおだわら(78.7MHz)第1、3火曜25:00~25:30、同週の木曜21:00~21:30<再>

モナオ(旧芸名 唐沢亮) 大人の皆さん、これがムード歌謡のNEWスタンダードです。『たぶん新宿』 唄:モナオとマシュー

ラジオ歌謡選抜

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館