トップページ 特集 昭和の歌謡曲をこよなく愛する天才平成女子 町あかり

昭和の歌謡曲をこよなく愛する天才平成女子 町あかり

歌謡曲リミテッド スペシャルインタビュー

昭和の歌謡曲をこよなく愛する天才平成女子
町あかり

取材・文/長井英治、竹部吉晃(ラジオ歌謡選抜) 公開日:2015.07.29

既存の女性シンガー・ソングライターの枠にハマりきれない新感覚を持つ、平成生まれのニューアーティスト、町あかり。言葉を選ぶセンス、歌謡曲から影響を受けたメロディ、時折こぶしを効かせるボーカル・スタイルなど、どれを取り出してもとにかく新しい。デビュー前から音楽関係者に絶賛され、満を持してのデビューを果たした彼女に、歌謡曲に対する思いや、デビューに至るまでの活動をインタビューした。

--メジャーデビュー、おめでとうございます。メジャーデビューの実感はいかがですか。

町:このようなインタビューを受けているうちに徐々に実感が湧いてきたような感じです。

--慣れていないインタビューに困惑することはありますか。

町:苦手だなということが、回を重ねるごとにわかってきました(笑)。

--それにしても町さんの音楽性はユニークで、これまでに存在しなかった才能を感じます。今巷では歌謡曲ブームと言われていますけど、その中で町さんは待望の新人という気がします。町さんがブレイクしたら、歌謡曲の聴かれ方も変わってくると思うんです。

町:私が売れることによって歌謡曲の聴かれ方が変わるんですか(笑)。

--歌謡曲が懐メロじゃなく聴かれると思うんですよね。期待は大きいですよ。町さんの作る音楽には歌謡曲からの影響がうかがえますが、どういったきっかけで歌謡曲を聴くようになったのでしょうか。

町:テレビでキャンディーズを見たのが最初です。見た目が可愛いし、曲はシンプルだし。それからベストアルバムを聴いたりして、歌謡曲にハマりました。

--キャンディーズのどの辺に惹かれたんですか。

町:「春一番」って童謡っぽくないですか。色恋のことを歌うわけでもなく、「春だよ」ってことを歌っているわけですよね。面白いなって。今は「その気にさせないで」が好きです。

--そのあとはいかがですか。

町:阿久悠先生の追悼番組で、ジュリーや岩崎宏美さんや桜田淳子さんの曲を知りました。特に岩崎宏美さんが好きになりました。高校生のときのデビューなのに、こんなに歌が上手くて凄いなって。とにかく「未来」という曲が好きで、私の葬式で「未来」を流して欲しいくらい好きなんです(笑)。

--なかなかそういう平成生まれはいないと思うのですが。

町:とにかくあの時代に売れた曲や売れた人が好きなんです。あの時代の雰囲気が好きなんだと思います。だからと言って、あの時代に生まれたかったとは全然思わなくて(笑)。

--映像はYouTubeとかで見られますしね。「スター誕生」の映像も見るんですか。

町:大好きです。あの頃に生まれていたらきっと応募していたと思うんですよ。

--昔の映像にCGで町さんの映像を置いても違和感ないかも(笑)。ではデビューの経緯をお聞かせいただきたいのですが。2010年からライブ活動を始めていますが。

町:高校生のとき、ライブをしたいと思ってあちこちにデモテープを送っていたんです。全然反応はなかったんですが、ひとつだけ今の事務所の目に留まって連絡が来たんです。「なんか変な歌を歌っているね」って(笑)。それから月一のペースで横浜のライブハウスに出るようになって。そのときはライブで歌うための曲を作ることを目標にしていた感じです。最初はお客さんが増えることもなく(笑)。

--2013年5月に「musicくるTV」の「もしかしたら売れるかもしれないメジャーデビューしてないアーティストが見れる店」というコーナーに出演して、注目されるようになったんですよね。

町:それも自分でデモテープを送って、何カ月かして番組から突然連絡が来て、「YouTubeに上がっている映像の元データーを下さい」と……。それをきっかけにじわじわとファンが増えてきました。

--それから「もぐらたたきのような人」のビデオクリップが話題になっていくんですよね。動画サイトで20万回以上再生されるほど話題になった曲になったわけですが、どういうきっかけでできた曲ですか。

町:トラックを自分で作っている中で、効果音を入れればみんながハッと思って聞くかなと思って、ネットで「ピコ」っていう効果音を見つけて、それがすごく可愛くて、この音を生かした曲が作りたくて作った曲です。「みんな何だこれ?」と思ってくれるかなと思って(笑)。それで、ピコピコハンマーを持って歌ったらいいかもと思って。

--トラック作りは独学で覚えたんですか。

町:パソコンのソフトの中に、家にあったカシオのキーボードの音を入れてみたいな。でもかなり邪道なやり方みたいです。

--コードの発想はあるんですか。

町:メロディを作ってからコードをつけるんですが、どうやら間違っていたみたいです(笑)。

--いまはプロのアレンジャーにコードを付けてもらっているわけですよね。仕上がりを聴いて「なるほど!」と思うんですか。

町:よくわからなくて、「あー、そうなんだ」と思うだけです(笑)。コードのことがよくわからなかったので、曲を作り始めたときから誰かに直してほしいと思っていたので、まわりに直してくれる人がたくさんいるので、「やった!」という感じです。いまはアレンジャーさんに「とにかく楽しくしてください」と言うくらいです。

町あかり
『ア、町あかり』

VICL-64357 ¥1,852+税
VERSIONMUSIC
2015年6月24日発売

amazonで購入する

<曲目>
01.ア、アイシャドウ
02.もぐらたたきのような人
03.それ分かる!
04.さっきも聞いたわその話
05.No Problem(お安い御用)
06.ちょっとここじゃあ言えません
07.夢という小鳥
08.横浜のすずめ
09.コテンパン
10.お悩み相談室

--「もぐらたたきのような人に」に話を戻しますが、町さんの世代はもぐらたたきゲームなんてやらないですよね。

町:やらないです(笑)。でもピコピコハンマー=もぐらたたきゲームかな、と思って。

--もぐらたたきというワードからラブソングになってしまう発想がすごいです。

町:もぐらたたきの話をしても仕方がないので、そこは人と人のお話にしようかと思いまして。

--町さんの曲はかなり独創的なので、具体的なアーティストからの影響が見えないのですが。

町:いろんなところから受けていますよ。サザンオールスターズ、八神純子さん、渡辺真知子さんとか。影響受けていないですかね(笑)。

--最初に作った曲が「横浜のすずめ」ということですが、すでにクオリティが高いですよね。何故この曲が出来たのでしょうか。ムード歌謡のような曲ですよね。

町:わからないです……。ムード歌謡を作ろうとかそういうことは全然思わなくて、曲を作ってみようと思って作ってみたらこうなったという(笑)。鼻歌っぽくメロディを作ったんですが、内容は物語っぽくしたくて。もちろん実体験を歌ったわけではないんですけど(笑)。

--歌詞に出てくるペパーミントワインはポップな響きがありますね。

町:何でしょうね。高校生のときはお酒を飲んだことがないので、オシャレなお酒はないかなと思って検索して、検索に引っかかってきたお酒がペパーミントワインなんですけど、意味不明ですよね(笑)。

--アルバムに入っている「ア、アイシャドウ」曲は80年代の化粧品のCMソングの世界を再現しているように思います。

町:化粧品のコマソンっぽくしようと思ったわけじゃないんです。ただお化粧品の名前付けたらコマソンっぽくなるかなと思って(笑)。口紅のCMソングはあるけど、アイシャドウはないな、と思ってこの曲を作りました。

--それが、モンシロという比喩になっていくわけですか(笑)。

町:蝶のリンプンがアイシャドウっぽいというところから広げていったんです。蝶々って捕まえたときに粉っぽいじゃないですか。

--「大都会のファーブル」に受けました(笑)。

町:知識としてそれくらいしか知らないので、「使っちゃえ!」みたいな(笑)感じで。

--ポップで親しみやすいメロディなのに、途中から演歌調のこぶしが入ってくるボーカル・スタイルも面白いですよね。

町:特にそういうふうに歌おうと思っているわけではなくて、そうなっちゃうというか、クセみたいなもんですかね……。でもこぶしを入れるのは気持ちいいし、聴いた人が「え?」と思ってくれるかなと思って。

--最初に聴いたとき、ゲラゲラ笑っちゃいました。笑っちゃ悪いとは思うんですけど。

町:いいんです!笑ってください(笑)。

--「No Problem(お安い御用)」は全部英詞のジャズなのに、サビは「お安い御用」という日本語が出てきますね。

町:どの曲にもキーとなる言葉が必ずひとつ欲しくて。全部英語の歌詞だと聴き流されちゃうと思ったので、日本語を入れたらグッと来るかと。

--ジャズは聴いていたんですか。

町:聴いていません。何がジャズかもよくわかっていないです。逆に教えてほしいくらいです(笑)。

--「コテンパン」なんていう言葉は今、使わないですよね。

町:「コテンパン」って言葉、可愛くないですか。意味もポップな暴力という感じがして。お話にもなりやすそうだし、いい言葉だなと思って使いました。普段の生活で、誰かの言葉遣いや、テレビから聞こえてきた面白い言葉をメモしたりして。別に基準があるわけではなくて、自分がいいと思った言葉を使っている感じですけど。

--「お悩み相談室」という言葉は、こういうメロディに乗った物語になると、新しい響きになりますよね。

町:同じ悩みをずっと言ってくる友達がいて……(笑)。あまりに同じ話をするんで、腹が立っていたときに「お悩み相談室」という言葉をふと思い出してこの曲を作りました。アドバイスが欲しいのではなくて、ただ聞いてほしいだけなんだなと……。だから、悩みを聞かされる方も真剣に聞いちゃダメだよ、というメッセージも込められています(笑)。

--まわりの友達にどういう風に思われているんですかね。

町:知りませんよ! 友達に聞いてください(笑)。私はそんなに変人じゃないし、協調性もあるし、普通の女の子だと思いますよ。そもそも友達とは町あかりの話はしないですよ。ご飯食べているときくらい、町あかりじゃなくいさせてよみたいな(笑)。

--「それ分かる!」や「さっきも聞いたわその話」の歌詞は、基本あるあるネタですよね。町さんは普段から客観的に物事を見ているタイプですか。もう一人の自分が居て自分を見ているような……。

町:何ですかそれ(笑)。もしそうだとしても、そんなことダサくて口に出せないですよ。それに私はそんなクールなタイプではないですよ。特に女の子だけのときはわりとまわりに合わせます。「分かる!」というと、みんな喜ぶと思うから言っちゃうみたいなことありますよね(笑)。別に皮肉を込めたのではなくて、むしろ「自分もそうだよ」「私もよくやっちゃうなー」みたいな(笑)。

--今回、CDにはシークレット・トラックが入っていますね。

町:単純に私の曲は1曲が短いので、10曲だと30分くらいで終わっちゃうからじゃないですか。だから、もう一曲入れておこうって(笑)。私は短い曲が好きなんです。昔の歌謡曲も短いですよね。「もう終ちゃった。もう1回聴こう!」。そんなところが好きなんです。

--アルバムタイトル『ア、町あかり』の「ア、」っていうのはどこからきたんですか。

町:スタッフみんなで考えたんですけど、私が「ア、町あかり」でよくない?って感じで決めちゃいました。「ア、なんとか」というタイトルにしようと思って。

--70年代のアイドルのアルバム風のジャケットデザインも印象的ですね。町さんは衣装も自分で作っているんですね。

町:あのジャケットは70年代の榊原郁恵さんを意識したものなんです。衣装は自分で作れるものは自分で作るという感じです。凝ったものが作れないので、ちょっと長くなっちゃったら切る、変になったら折って縫うみたいな(笑)。手縫いとかで時間をかけてチクチクやるのが結構好きなんです。

--歌詞カードのイラストも書いているんですね。

町:小さいころから絵を書くのも好きでした。

--最後に今後の目標はありますか。

町:具体的に大きい会場でライブをやりたいとかはなくて。例えば武道館でライブをやることによって、私の音楽が広まるのかって思うんです。めちゃくちゃ町あかりの名前が広まってから武道館でやるのなら分かるんですけど、武道館でライブをやるために活動をしているのは意味がわからなくて。だからどんな方法でもいいので、とにかく私のことが世の中に広まってほしいです。

町あかり

1991年生まれ。中学2年生のときにテレビで見たキャンディーズをきっかけに歌謡曲を傾倒。その後18歳で楽曲制作を始め、2013年、深夜の音楽番組で取り上げられたことをきっかけに「もぐらたたきのような人」が動画サイトで20万回以上の再生数を記録。インディーズ時代から各方面で話題になっていた才女が6月24日リリースのアルバム『ア、町あかり』でメジャーデビュー。

オフィシャルサイト:
http://akrmc.blog135.fc2.com/

NEXT歌謡フェス 懐かしむだけのものじゃないー新しい歌謡曲の魅力を発信する次世代への歌謡フェス、記念すべき第1弾が2017年3月25日(土)に新宿LOFTにて開催!

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

原田真二 提携グッズサイト『Feel Happy』音楽制作、ライブ活動、チャリティ事業を積極的に行い、2017年にはデビュー40周年を迎える原田真二との提携グッズサイトが「Feel Happy」。魅力的なオリジナル・グッズを提供していきます。

岩崎宏美 ONLINE SHOP 昭和51年1月に発売された『近代映画ハロー新春号 岩崎宏美 集』の全ページに、平成28年最新インタビューを追加した、特別復刻プレミア豪華版。

大場久美子 DELUXE BOOK トップアイドル時代の大場久美子の『近代映画』記事、グラビアを復刻!

FMおだわら(78.7MHz)第1、3火曜25:00~25:30、同週の木曜21:00~21:30<再>

モナオ(旧芸名 唐沢亮) 大人の皆さん、これがムード歌謡のNEWスタンダードです。『たぶん新宿』 唄:モナオとマシュー

ラジオ歌謡選抜

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館